家政夫のミタンニ日記

マリノス観戦録を中心に、書きたいことをつらつらと。

【ボスが残してくれたもの】ボスと私とバケツプリン①


今日はプリンの話です。それも「バケツプリン」

 

私にとっての「バケツプリン」は「ボスが残してくれたもの」なのです。

ということで、ここから数本に渡ってプリンの話をします。(読まなくていいです)

 

-----

それは、2019年のある日のことでした。

ひょんなことから、友人と「バケツプリンを作ってみよう」という話に。

 

でも、ドンキで買えるようなバケツプリンキットとか、プリンの素を使うのは面白くない。ゼラチンを混ぜ込んで安定させるのもなんか違う。

ボスらしく言えば、「アタッキングじゃない」ということで、卵と牛乳と砂糖だけでバケツプリンを作ってみよう!ということになりました。

 

ネットで検索してみると、「炊飯器でカンタン!バケツプリン」とのレシピが!そして所要時間は15分とのこと。アタッキングでスピーディ。まさにボスのフットボール。迷わず調理スタートです。

 

......がしかし!材料を混ぜ終え、炊飯器のスイッチを押す直前でアクシデント発生。

 

レシピにあった「所要時間15分」というのは材料を混ぜたりする「作業時間」のことで、炊飯器での加熱+冷蔵庫での冷却という「待ち時間」を合わせると実は約8時間かかることが判明しました。

 

しかも、この時点で23時を回っていたので翌朝までプリンにありつけないことが確定。

かといって、ここまで来たからには引くに引けません。ボスのアタッキングフットボールが実を結ぶのに時間がかかったように、アタッキングなプリンの完成にも時間がかかるようです(言ってやった言ってやった)。

座して待ちます。 

 

ーー数時間後(AM3:00ごろ)

炊飯器での加熱が終了。ここからは冷蔵庫で冷やす工程です。ですが…

この時点でのプリン液は、お世辞にも「固体」とは言えない柔らかさ。ってか液体のまま。

 

「まぁまぁまぁ、冷蔵庫で冷やせば固まるよね!......よね??」

一人暮らし用の小さな冷蔵庫に炊飯器の釜をむりやり押し込み、再び待ちます。

(寝ました)

 

 

ーーーさらに数時間後(AM8:00ごろ)

もう朝です。

「いよいよ夢のバケツプリンにありつける!」ワクワクしながら冷蔵庫オープン。

 

「......!」

「......???」

 

「......うーーん、これは皿にひっくり返そうもんなら大惨事だよね?」

「そうだね...」

 

「......」

「......」

 

ダメでした。目の前に現れたのは、炊飯器釜いっぱいのミルクセーキでした。

 

その後の苦悩は言うまでもありません。

甘い。そして何より多い。なんかお腹の調子悪くなってきた...。

(みなさんも寝起きに大量のプリン/ミルクセーキを食べるのはやめましょう) 

 


しかし、この失敗で挫けているようではマリサポの名が廃ります。

「もっとアタッキングに」

「みんながワクワクするような」

「みんなが語りたくなるような」

そんなバケツプリンを作らねば。

 

こうして、ほろ苦い経験から「ボスと私とバケツプリン」の物語は始まったのでした...

(つづく)

 

-----(以下フォトギャラリーです)-----

f:id:mitrico00:20210616005426j:plain

材料を混ぜ合わせます。
中央にある大量の空き袋は砂糖です。家にコーヒーシュガーしかありませんでした()

右上のバニラエッセンスからは我々の本気度が伺えます。
左上のわらび餅はおやつです。

f:id:mitrico00:20210616005717p:plain

いざ炊飯器のスイッチオン。この時はまだ、美味しいバケツプリンができると信じてやまず...

f:id:mitrico00:20210616005906p:plain

加熱を終え、炊飯器をオープン。あれ...?

冷やせばなんとかなる...?

f:id:mitrico00:20210616010130p:plain

冷蔵庫で冷やしたものがこちら。明らかに固まっていないのがお分かりいただけるでしょうか...

 

【見てきた日記】2021.6.13. vs札幌【ゲーフラ作ってみませんかの会】

行ってきたよ!

 

#####

ゲーフラ作ってみませんかの会 vol.2

清水戦に続いて、ゲーフラ作ってみませんかの会を開催しました。

 

 

そして今回は、貸し出しゲーフラの試みも。

 スタメン選手ほぼ全員のゲーフラを準備して、三ツ沢へ〜

 

レジャーシートを忘れるなどのアクシデントはありましたが(すみませんでした)、今回もたくさんのゲーフラ誕生の瞬間に立ち会うことができました...!

 

 

それぞれのゲーフラにそれぞれの気持ちが詰まってると思います。

「やり直しが利くので初めてでも作りやすい」というガムテゲーフラの利点を活かしながら、みなさんガシガシ貼っていたのが前回に続いて印象的でした。

 

そして、最後に撮った集合シャシンがこちら!

(途中抜けされた方もいらしたので、本当はもう数本誕生しています)

 

そして、家政夫の貸し出しゲーフラもマネフォのみなさまを中心にほとんどお貸しすることができました。ありがとうございました!

 

また、今回いただいたカンパは今回と次回の布やガムテなどの材料費に充てさせていただきます。ありがとうございます。

 

 

次回は未定です。鳥栖戦はやれないかもしれません。が、貸し出しゲーフラは確実に持っていきますのでご興味ある方はぜひ。

 

衝撃のオムそば

今回のスタグルは、「いちや」さんのネギ塩とり天丼と「よこちゃん」さんのオムそばでした。

 

 このオムそば、かなり衝撃的でした...

もちもち麺、濃厚たまごに濃厚ソースで優勝。これはまた買っちゃう...

 

#####

試合は1-3で敗戦となり、ルヴァンカップ敗退が決まりました。

試合の中身やスタンドの様子を見ていても、ひとりひとりが「ボス」を乗り越えて次に進まないといけないのかな、と思います。

 

幸いにも次の試合までは時間があります。「やれることやれ」の精神でもっと思いっきり楽しみたい...

 

ではまた!

【見てきた日記】2021.6.9. vs Honda FC

家政夫です。

この前の清水戦の見てきた日記、書き忘れてました。

 

#####

ゲーフラ作ってみませんかの会 vol1.5

水曜18:00K.Oだったこともあり、ゲーフラ会は難しいかな、と思っていました。

材料だけ持っていってもし作りたい方がいれば材料をお渡しできれば、くらいのつもりで。

 

でしたが、2人の方からご連絡をいただいたこともあり、現地に着いてからは自然とゲーフラ”会”になってました。

 

おふたりともボスのゲーフラを作成。

執筆日(6/10)の夕方にボスの退任発表があったこともあり、やって良かったと強く思ってます。参加してくださった方から「1人ではあんな風にできなかった」「声の代わりにゲーフラという大きい吹き出しがあがるスタンドもいいと思う」などの声をいただき、それも嬉しく。

 

自分のゲーフラはというと...

この前の「We ♡ BOSS」ゲーフラに加えて新調した梶川ゲーフラを掲げておりました。

 ゲーフラを掲げてみたいけど作るのもなあ、という方にたくさん貸せるくらい作れたらなあ。

 

そして、こごみさんやろこさんにも初対面を果たせました。

 

もどかしかった120分+α

試合はといえば。

Honda FCの組織的な戦いに苦戦し、立ち上がりからなかなかうまくいかない展開。

選手やボスの振る舞いからちょっと普段とは違うナイーブさを感じてしまいました。

「空回り」というか。

 

出し手と受け手がなかなか噛み合わない、クロスが合わない...

 

後半、レオがクロスに合わせた決定機を外してしまい、ピッチ脇のペットボトルバッグを蹴飛ばしたシーンなんかが象徴的でしたが、ピッチ上の選手たちもスタンドの自分たちももどかしい、悔しい思いをさせられた120分でした。

 

勝負はPK戦

PK戦開始直前の円陣にボスが入ろうとしなかったのが印象的でした。

Hondaの3本目だったかな?(PK直前に投入の)高丘が相手のシュートに触れるも止めきれなかったシーンでの表情、Hondaの5本目直前の宏太の「陽平!!」の叫び声だったり...きつかった...

 

Honda陣のピッチ上での戦い、終了後の喜び方を見ても、会心の勝利だったんだろうなと。

 

いろんな意味で切り替えが難しいですが、だからこそしっかり切り替えて、次よ次!!

 

ピックアップ・チャント

今回は、四つ打ち手拍子をピックアップします。

今季見ていて聴いていて叩いていて感じるのは、(このリズムに限らずですが)どうにもこうにも途中からテンポがどんどん速くなってしまうこと。個人的にはあまり好みではなく笑

 

あんまり速くなりすぎるとリズムが潰れて何がなんだかわからなくなっちゃったり、変に急かしてるような印象を受けてしまったりで、もっと「緩」をつけられれば迫力も一体感も増すと思うんですよね。

 

ということで!どうすれば一定のテンポで叩けるんでしょうか?

 

すぐに実施できるポイントが2つあります。

1つ目は、なるべく頭上で、腕を気持ち大きめに振って叩くこと。これで物理的に速く叩くことが難しくなります笑 ビジュアル的にも映えますね。

そして2つ目は、叩く時に、手と手を「叩く」という意識ではなく、手と手を「離す」という意識を持つこと。インパクトした手を意識的に「離す」ことで次のインパクトまでの時間をしっかり取ることができると思います。

 

このふたつ、ちょっと意識して叩いてみてください。多分良くなりますよ... !

四つ打ち手拍子はリズムがシンプルなぶん、テンポで色々表現することになると思います。

ピッチと一体となるようなテンポをこちらからも提示できるといいですよね。

 

(こんな形のピックアップもありかなと思い、書いてみました)

 

傷心の帰宅...

そんなこんなで主に精神的ダメージを負っての帰宅となりましたが、帰路でその場で(フィジカルに会って)話したり、あるいはスマホ使って聞いていた/参加したclubhouseの部屋で色々話すうちに消化されたこともたくさんあり。

 

今までひとりで試合見てひとりで色々考えていただけだったのが、こうして複数の人と語らえるようになって嬉しい限りです。

最近、音楽やゲーフラを通じて多くの方とSNS上やスタジアムで話すことが増えて、自分のサポーター人生が大きく動いてるなと感じています笑

 

改めて、たくさんの魅力がマリノス、もといサッカーにはあるなと実感している次第です。

 

 

ま、帰宅してからやけ食いして翌朝思っきし胃もたれしてたけどね!!!

 

#####

ちなみに、昨日のスタグルは崎陽軒シウマイ弁当でした。

 

そして、ゲーフラ会の場などでハーバー・おせんべいといった食べ物や、アルコール消毒液・ガムテなどの備品、そしてカンパまでいただいてしまったり...。みなさんありがとうございます!家政夫、めちゃ楽しいです。お菓子美味しかったです!

 

日曜ルヴァンは勝ーつ!

 

【家政夫レポ】#ゲーフラ作ってみませんかの会

家政夫です。

2021.5.30. vs.清水の試合にて、「#ゲーフラ作ってみませんかの会」を開催しました。

 

今回はそのレポート・感想をば。

 

#####

【きっかけ】”Jリーグの日”公式動画

会を開こうと思ったきっかけは、5月15日”Jリーグの日”にリーグ公式から投稿されたこちらの動画です。

ぜひ見てください。

 

本当は、大声で歌いたかった。名前を呼びたかった。お腹の底から叫びたかった。

「やったぜ」「よくやった」「顔を上げろ」「次がある」「ようこそ」「お帰り」「行ってこい」「ありがとう」

–––でも、私たちはこう言わなくてはいけません。

「歌わないでください」

(上記動画より抜粋)

 

自分も「声のないスタジアム」で何かできないかと考えたところで、今年から個人的に再開したゲーフラ掲出が頭に浮かびました。

 

ゲーフラは、声を「見える化」できるツールです。

 

きっと声を届けたい人はたくさんいるから、ゲーフラ作りをお手伝いすることでみんなの声を「見える化」してスタジアムに少しでも声を取り戻すことができればと思い、開催を決めました。

 

【募集】試合前日に募集スタート

ただ、なかなか実行に移す勇気は出ず。

そんな清水戦前日、「ボスがセルティック監督就任か」とのニュースが。

選手・監督・スタッフはいつまでもマリノスにいるわけではない、とハッとさせられ、試合前日ながら開催を決めました。

 

 布を事前に3m買っておいてあったのが功を奏しましたw

 

すると、ガムテゲーフラ職人のSONOさんが手伝ってくださることに。

 

そして昼から夜にかけて「ゲーフラを作ってみたい」という方複数名からご連絡をいただきました。

誰からも連絡が来なかったらどうしよう...と不安だったんですが一安心。

当日が誕生日のお子さんも参加されると聞き、身が引き締まります...

 

【本番】想像以上の盛況

いざ当日です。

 

朝、スタジアムへ向かう道中でさらに複数名の方から参加表明をいただきました。

嬉しい反面、手持ちの材料量に不安が生じます。

 

 

とりあえず、早めにスタジアム入り。

 

場所を確保して待機していると...

 なんと突っ張り棒3セット分の差し入れをいただいてしまいました。ありがとうございました。

 

そして、徐々に参加者のみなさんが集まり始めます...!

 

みなさんそれぞれの選手への想いとアイデアを基に、SONOさんのゲーフラや、作成中のお互いのゲーフラを参考にしながらガムテープをぺたぺた。

 

SONOさんの文字に影を入れる手法は大人気で、みなさん取り入れてらっしゃいました。

ほかにもフォントや曲線の作り方などは↓をお手本に。

 

そして!アップ開始前の12:00ごろ、全員のゲーフラが完成しました!

 1枚1枚が熱い想いと工夫の塊!

ちなみに、ゲーフラ内のトリコロールのワンポイントを入れているゲーフラがいくつか。

これは、作成中に「それいいね!自分もやる!」となり広がったアイデアなんです。みんなで一緒に作ったからこそのデザインです。

 

「選手が気づいてくれるといいね!」「ありがとう!」「またね!」と(もちろんマスク越しに)声を掛け合って解散。それぞれの席でゲーフラを構え、アップ開始を待ちます。

 

【掲出】離れているけど...

バクスタ、メイン、ゴール裏それぞれに参加者が散らばっており、アップ開始とともにみんなで作ったゲーフラがスタンド各所から顔を出します。

写真はないのですが、どのゲーフラも視認性がよくしっかり確認できました。

 

一緒に作ったゲーフラが見えた時はなんとも言えない嬉しさを感じました。

確かに席は離れているし違う選手のゲーフラを掲げてはいるんだけど、一緒に肩を組んでチャントを歌っているかのような一体感と近さを感じました。

 

そして、試合も劇的決勝弾で2-1勝利。

試合後も勝ってゲーフラ掲出できて本当に良かったです。選手たちに感謝...

 

試合後の場内一周では、ゲーフラに気づいてもらえた方もいらっしゃいました。

 

みんなで「見える化」した声が選手にも直接届いていたんです。

そうでなくてもSNSのメンションなどを使えば届くかもしれません。

 

また、トリメン会員特典「メモリアルフォト」でゲーフラの記念撮影をした方も!

 ピッチ×ゲーフラは映えますね〜

 

【感想】開催して良かったです

こうして、みんなで楽しみながら作成から掲出まで行うことができました。

今回、たくさん手伝ってくださったSONOさんや朝に突っ張り棒を差し入れてくださった方、そして初対面にも関わらず参加表明してくださった方々には感謝しかありません。

 

 

また、参加者のグループトークルームでは「ゲーフラは敷居が高く感じていたけど作ってみると楽しかった」「選手からの反応はともかく、応援したい気持ちを表すことができてよかった」など、とても嬉しい感想をいただきました。

 

僕自身も、みなさんの声を届けるお手伝いができたこと、そしてゲーフラを通じてマリサポの輪が広がったことが何より嬉しかったです。

 

そして、試合後多くの方から「参加してみたい」とのツイートをいただきました。

みなさんのツイート信じていいですね?w また開催します!

 

【次回について】手伝ってくださる方、いらっしゃいませんか...?

次回についてですが、できれば6/13のルヴァン札幌戦に開催したいと考えています。

次回もガムテゲーフラ作成をメインに行います。(塗る系は時間を要するので)

 

そこで、ゲーフラ作り初めての方などの作成手伝いをしてくださる方を募集します。

(僕だけでは手が回りきらず...)

ガムテゲーフラの作成経験がある方で、試合当日の昼〜夕方からスタジアムで動ける方、ぜひお手伝いいただけないでしょうか...?

 

お手伝いしていただける方がいらっしゃいましたら、6/13に開催します!

 

次回は

・参加者のみなさんにブルーシートを持参していただき距離を確保する

・こちらで手指消毒用アルコールを準備する

など感染対策をしっかりして開催したいと考えています。

 

ゲーフラを作ってみたい!」という方。布やガムテなどの材料はこちらでご用意します。

熱い想いと書きたい内容をご準備ください!

 

ちなみに、今回お手伝いしてくださったSONOさんのゲーフラ作品が見られるインスタがこちら→https://www.instagram.com/sono_yfm_gtgf/?r=nametag

SONOさんから「どんどんパクってください!」との伝言もいただいてます!ご参考に。

 

みなさんの声を「見える化」して選手・監督・スタッフ・マスコットなどなどに届けませんか?

お待ちしています!

 

 

 

 

 

【見てきた日記】2021.5.26. vs大分

家政夫です。

寝不足は良くない...しっかり寝ましょう。

 

(今回長いです)

#####

ノープランで大分入り

今回の遠征は前日入り!

フライトとホテルはさすがにちゃんと予約して行ったものの、試合を見る以外はほぼノープラン状態で大分上陸。

 

 

大分空港到着後は、とりあえず空港からのバスに乗り、別府北浜で下車。

「よくわかんないけど温泉とメシ!」ってことで...

 

完全優勝しました。

温泉は「竹瓦温泉」ってところ。後から知ったけど有名な温泉だったようでw

歴史を感じる雰囲気のいい温泉でした。お湯熱かったw

 

メシは、海鮮いづつっていうお店の「りゅうきゅう丼定食」と「かぼすはちみつサワー」。

りゅうきゅう丼は魚とご飯のバランスがおかしくて、魚が多すぎてご飯が足りなくなってしまううれしい悲鳴w おいしかったー!

 

そんなこんなで別府を満喫し、大分市内へ移動。

チェックインしておやすみなさい。

 (不運にも喫煙室に入れられてしまいました)(たばこ吸わない人)

 

ガムテゲーフラデビュー!

一夜明け試合当日の朝。

試合はナイトゲームなのでまだまだ時間があります。

 

そこで!実は出発前に買っていた布を使ってゲーフラを作ることに!

ホテル部屋内かつ当日の制作になるので、ここはガムテゲーフラの手法を取ることにしました。

 

完成したゲーフラが、こちら

 

古巣戦、そして久しぶりのリーグ戦スタメン濃厚ということで岩ちゃんゲーフラ

シンプルさと物理的なサイズ重視で作りました。

 

そして、もうひとつ持参していた槙人ゲーフラは他の方にお貸しすることができました。

コロナ禍の応援は「ビジュアル」がひとつのキーになってると思うので、ひとつでも多くのゲーフラなりなんなりが上がると嬉しいな、と思ってます。

 

初・昭和電工ドーム

そして、今回の試合は家政夫の昭和電工ドームデビュー戦でもありました。

 

入場してみてまず驚いたのが、駐車場・入場口とかから見て下にピッチがあること。

入場してから階段を上がってスタンドへ...というのがよくあるスタジアムかなと思いますが、こちらのスタジアムは違いました。びっくり。

 

ほかにも、アップ前にコンコースうろちょろしていて気になったのは、ニータンの出現率の高さ。

「出現」っていってもご本人がいるんじゃなくて、チケット窓口やら場内レストラン、スタグル屋台周辺にも、いろんな所にニータン人形やペーパークラフトなどが置いてありました。

ほかにもニータン焼きっていう大判焼きがあったりとか。あとはニータンブッセも!

【トリズキッチン情報】5月26日(水)明治安田生命J1リーグ第16節 横浜F・マリノス戦 | 大分トリニータ公式サイト

 

マリノスも、グリーティングができない今だからこそ、マスコットをより近くに感じられるような何かがあったら嬉しいな、とか思ったり。

 

ナベコ・岩ちゃんのダブルボランチ

試合はといえば。

スタメンを複数変更して臨んだ今回の試合。個人的注目はダブルボランチでした。

 

最近のナベコーはどこか吹っ切れた様子というか、スタメン奪取・五輪代表への危機感みたいなものを感じさせるプレーぶりで、この試合も攻守に渡って大迫力。

攻撃面も好きだけど、ナベコーのプレーで一番好きなのは、ネガトラ時の猛烈プレッシング。

「猟犬」っぽく猛然と相手に寄せていく姿は見ていて熱くなるものがあります...!

 

そしてボランチの相方・岩ちゃん。

この試合では、パスがズレるシーンなどあったものの、思い切りの良い攻め上がりと安定の空中戦など古巣戦に相応しい活躍だったんじゃないでしょうか。

大然のカレーパンマンパフォを一緒にやってたのは見逃しませんでした!(ちょうど自席の真前でやってたw)

 

そんなダブルボランチの奮闘もありつつ、途中出場のあまじゅん→大然のゴールで1-0勝利。

リーグ戦2試合ぶり勝利&九州アウェイ2連勝!トリパラ咲きました!

 

 試合後にニータンと岩ちゃん・阿道が絡んでて、それはそれは可愛かったことをしっかり書き記しておきますw

 

【試合情報】

www.oita-trinita.co.jp

 

ピックアップ・チャント

今回は特定のチャントは取り上げず、昭和電工ドームの音響について書こうかなと。

 

この試合では、降雨のためドームの屋根が閉じられました。

そのこともあって、場内の音響は「低音超マシマシ状態」に。

場内アナウンスも、男性DJが喋ると低音域が響きまくってほぼ何言ってるかわからない状態になってしまいましたw

 

応援もその影響をモロに受け。

手拍子の音は全然響かず、両チームの太鼓がドンドン低音を大音量で響かせ合う格好となりました。

 

太鼓の台数的にもどうしても大分側に勝つのは難しい状況でしたが、ひとつポイントになったのはスネアの使い方かな、と思います。

スネアの「タン」という高音帯の音が入ることによって多少締まった音を作ることができていたのでは?というのがゴール裏で手拍子していて感じたところ。

 

どちらかのチームのバスドラ系の音が大音量で響いていることが多く、なかなか無音の時間がなかったのは耳的にも雰囲気的にもちょっと難しい試合でしたw

こういう音響下だからこそ、「無音」状態をうまく活かせるといいですよね。

 

無音状態からチャントが始まるからこそメリハリが出ます。

このあたりはこんなツイートもしてみましたのでよろしければ。

 (このツイートに続きがぶら下がってます)

 

コロナ禍応援、難しいけど面白い!

 

ドキドキフライトからの帰宅!

試合翌日。7時半ホテル出発で空港へ。朝早い。しんどい。

(いろいろあって徹夜で朝を迎えたので眠気マックス)

 

帰りの飛行機は悪天候なのもあってガンガン揺れて寝れませんでした。しんどい。

(さっきピックアップ・チャントの最後にあげたツイート書いてた)

 

無事着陸からの無事帰宅。ねむい。

前日入りから盛りだくさんだった大分遠征終了!お疲れ様でした!

 

そして、ニータンブッセ開封

 ニータンブッセ、1個が結構ボリュームあってうまうまでした。

ニータン仮面、色々遊べそうw

 

#####

九州遠征は試合もそれ以外もとにかく「濃い」w

アウェイ鳥栖も行きたいなあ...

 

あと、行きの空港でちょっと面白いことがあったんだけど、ここでは書けないのでカットしました。気になる人はスタジアムであった時にでも聞いてね♡

 

次回現地は30日のホーム清水。

マネフォさんステッカーとか配布物もあるそうで楽しみ!

連勝しましょー。

 

ではまた!

【見てきた日記】2021.5.20. vs清水

家政夫です。

雨は嫌ですねえ...

 

#####

今季初の...

雨でした。開門とほぼ同時に止んだのでセーフでしたが、往路は...

ということで、 いつもはゼエゼエ登る坂道をバスで華麗にスキップw

 

そんなこんなで早めの三ツ沢着となったため、スタグルを余裕の購入!

まずはおいものぷー太郎さん「やきいもシェイク(抹茶)」600円

 いもシェはいいぞ。

 

レストハウスでいもシェごくごくのんびりからの、さあ開門!

前日から、「スタジアムで牡蠣が!?」とマークしていたもふずぱえりやさんに一直線。

「牡蠣としらす・筍のパエリヤ」1,000円

 大ぶりでクリーミーな牡蠣としらすの塩気、筍の食感が、この日先発だったAJナベコマルコスばりの絶妙トリオで最高でした。また出たらリピ確定...!

 

槙人ゲーフラ×2

この日は、他にも試合前に個人的イベントが。

 

ガムテゲーフラ職人のSONOさんが、この試合に向けて槙人のガムテゲーフラを作成されたとのことで、初対面&記念撮影📸

 槙人ゲーフラ×2で、アップ前からテンションアゲアゲに!

 

そして、槙人ゲーフラで手が埋まる自分に代わってレオゲーフラを掲げたい方がいればということでこんな募集もしてみました。

無事お貸し先も見つかり、この試合と次節柏戦でも掲げていただくことに。

こうしてゲーフラを通じてマリサポの方とのつながりが増えてめちゃくちゃ喜んでいる家政夫です。

 

新作、どうしようかしらね...

 

「初」づくし 

そして試合は、立ち上がりにセットプレーで先制を許しつつもその後5点ゲットで逆転勝利。

見事GS1位突破が決まりました!

 

この試合のマリノスは「初」のつくものだらけだったような気がして...

KABAちゃんホーム戦初ゴール、初複数得点

・和田さん移籍後初ゴール

・レオ、三ツ沢初ゴール

・テルの復帰後初ゴール

・平井くんプロ初出場

 

たくさんの「初」をスタジアムで一緒にお祝いできて幸せでございました。

 

平井くんは個人的に応援したい選手なので、今後にさらに期待です...!

 

さらに、このほかにも試合中こんな発見が...

座席位置が絶妙だったようで、後半龍ちゃんが真正面から走ってくるシーンが多く...

 

龍ちゃんは、頭脳明晰なプレーや理知的な発言に対して、ゴール時なんかには男子高校生感丸出しで喜んでたりして、元から好きだったんですが...これはもっと好きになっちゃうポイントw

 

現地ならではの切り取り方ができましたw

 

ピックアップ・チャント

続いては、ピックアップ・チャント。

今回は、マリノス定番の手拍子チャントをピックアップ。

youtu.be

 

こちらの動画冒頭に流れる、コロナ禍前にも使っていたチャントです。

 

先週末、カシマスタジアムで「鹿島らしい」応援を目の当たりにしたわけですが、マリノスがコロナ禍前から採用しているこのチャントも、聞いてすぐ「俺たちのチャントだ!」となるようなものですよね。

 

スタンド全体が共通して理解しているチャントはやはり盛り上がりが一段違うように感じました。(チャンス時に打ってるのもあるけど)

コロナ禍になって新たに採用している手拍子チャントも太鼓の打ち方や、スタンドの盛り上がり方次第ではアイデンティティになりうるものがいくつかあるのではないかと思います。

 

このチャント、こういう時に打ちがちだなあ、とか考えながら試合に参加してみると面白いかもしれません。

 

以上、ピックアップ・チャントでした。

お大事に

試合後、マリノス君マリノスケの場内一周を眺めていると...

マリノス君の様子がどうもおかしい...

 

 

 

なんと、よーく見ると左目のまぶたがうまく動かなくなってしまったようで、半目状態にw

ものもらいかな?お大事にね、マリノス君🙏

 

(試合前には給水してるマリノス君を見かけたりと、発見が多い試合となりましたw)

 

そんなこんなで、夜も遅くなってしまったので通勤特急に飛び乗り急いで帰りましたとさ...

 

#####

これは試合翌日(執筆日)に知ったんですが、ゲキサカの写真記事に槙人ゲーフラが抜かれていましたw ありがとうございまーす!

web.gekisaka.jp

(記事中の15枚目に槙人ゲーフラをもってきてくださったのはわざとなのかな?)

 

次回の現地観戦はミッドウィーク大分戦。いくぞ九州!

 

ではまた!

 

【見てきた日記】2021.5.15. vs鹿島

家政夫です。

今季現地初敗戦!"異国"の厳しさを味わう結果に...

 

#####

いきなりアクシデント!?

今回はとある方から教えていただいた「JR休日おでかけパス」を利用して成田まで移動、そこからはうまく乗り換えをしてカシマへ、というプラン。

 

がしかし、成田行きの電車を待っていたところに「電車遅延」の一報が。

 (横須賀線で線路内に人が立ち入ったらしい)

 

定時運行してくれないとスタジアム着時間が2時間前後変わってしまう重要な局面に放り込まれてしまいましたが...

駅での停車時間をうまく調整するなどして成田には無事定時到着してくれました。サンキュー!サンキューな!

 

無事、キックオフ2時間前に初入国をキメることができました🦌

 

#ゆめこしか勝たん 

入国後。この試合は、マリノススタグルでおなじみ「成田ゆめ牧場」さんが出店しているとのことでまずはそちらへ🐮

ジェラート ピスタチオ味」400円

 普通にマリサポいっぱい並んでたw

(帰りのPAでソフトクリーム食べた人もたくさんいたようで、マリサポ流石だなあとw)

 

なかなか日差しが暑かったもんで、いつもより美味しさマシな感じでいただきました

 

そして入場後はカシマ名物、もつ煮をいただきました。

暑かった&熱かった...(おいしかったです)

「もつ煮(大)」500円

 (煮汁がこぼれそうで危なかったことにこの日記執筆中に気づく)

 

マリノス君誕生日一発幕のちょうど上あたりに着席し、いざ試合へ〜

 

強かった鹿島

試合は、マリノスのミスからの失点もあり5失点。

阿道の2ゴール・あまじゅんの1ゴールで3点奪取も、開幕戦以来の黒星となりました...ぴえん。

 

今回の試合はひとりひとり観た感想や印象が大きく変わるだろうな、と思います。

 

 

ボールホルダーへの複数人での寄せの速さ、レオシルバ・三竿の強度なんかはとても素晴らしかったし、そうした局所でのデュエルやルーズボール合戦を制さないと鹿島に勝つのは難しい、ということを肌で感じる試合だったなと。

 

ミス絡みの失点もそうですが、そのミスが生じる前の局面でしっかり上回ってくるのが鹿島だし、そこに勝てるマリノスを見たい...

 

ただ、一方で自分たちのペースでないながらも先制できたこと、終盤に点を返せたことも事実。ここ数年のマリノスではできなかったであろうことが実現できていたことはとっても前向きになれる材料だと思います。

鹿島のやり方に乗せられすぎることなく、「自分たち」にフォーカスしてプレーできていた結果が3ゴールにつながったように思えて、比較的ポジティブに試合を終えることができました。

 

試合後、カジが高丘に駆け寄って声を掛けたり、キー坊が挨拶前にみんなの肩を叩いて回ったり。我々が前を向かずしてどうするよ!ってな気持ちで帰路へ。

 

ピックアップ・チャント

今回は、初の相手チームからピックアップ!

↓の動画 11:43~の手拍子チャントです。(名前ついてないっぽい?)

youtu.be

 

このチャントは、主に鹿島のポジティブトランジション局面で、一気に煽り立てるように繰り出されていました。(時にガンガンテンポ上げて)

 

スネアの「トンカトンカトンカトンカトン」に続けて入ってくる手拍子の「バンバンバン」は前進感満載で、鹿島の攻撃に迫力をガシガシ上乗せしていたように感じます...!

ロールのどっしり構えるイメージとは一線を画すこのチャントをとってもうまく使っていました。

 

鹿島の手拍子チャントは、スタジアムの空気を「変える」点においてめちゃくちゃ上手だなという印象。スタンド・ピッチ全体に流れる空気感・テンポ感をパキパキと制御するさまは流石でした。

 

コロナ禍の応援スタイルにおいて、太鼓隊に特色の強いクラブの応援は聞いていて面白いですね。

 

声、可視化したくない!?

帰路の電車内。(特にアウェイゲームでは)手拍子の音量で勝つことも難しければ、今は声を出して鼓舞することもできない...うーむと思っていたところでこんなツイートをしてみました。

 

思ったより反応あり、みんな似たようなこと思ってるんだなあ...

そしたらもう、作るしかなくない!?ってことで、ミタンニ作ります。

良いワードあったら声かけてください。笑

 

複数作れたら、掲げてみたい人にお貸しするのもできたらいいなー、とか思ってます。

 

コロナ禍にあった方法で、選手に、チームにあなたの声を届けませんか!?

ゲーフラでも、うちわでも、ユニを掲げるのもその1つだと思います。インスタストーリーでメンションするとかも。

今の応援は「目に見える」ことが重要性を増しています。それぞれの方法で、みんなで叫ぼうぜ!というささやかなご提案です。(厚かましい)

 

#####

Jリーグの日、マリノス君バースデーは黒星に終わってしまいました。

でも、現地でしか得られない肌感触を持ち帰れたことは個人的に大きな収穫。大分も行っちゃおうかな!

 

ではまた!